私たちの活動の紹介です


1.有機農業にたいする市民の理解を深めるための広報および教育活動

 有機農業や有機農産物のありのままの姿や、有機農業の考え方について、多くの人に伝える活動をしています。


2.有機農業をめざす就農者の支援

 有機農業をめざす人たちへの就農前・就農後のさまざまな問題の解決のための支援を行います。


3.有機農法の技術的支援

 新規就農者や慣行農法から移行する農業者を、技術の面から応援します。


4.有機農産物の認証

 有機農産物は一般に認知されてきましたが、流通量は少なく、消費者が簡単に手にすることはできません。また、消費者の

 選択のために、栽培管理方法等の情報公開が欠かせなくなっています。そこで、多くの人が有機農産物を食べることができ

 るようにするため、有機JAS制度に基づく有機農産物の認定業務を行っています。


5.有機農産物の普及

 有機農業の発展には、有機農産物が多くの人に知られ、選んで買われることが大切なため、認定を受けた農産物の販売の可

 能性を広げる活動を行いっています。


今日までのあゆみ


 八ケ岳有機農業者協会は、1999年4月1日に任意の団体として誕生しました。


 様々な化学物質による環境汚染や遺伝子組み換え作物の登場といった農業をとりまく環境問題の顕在化する一方で、2000年からのJAS法改正による有機農産物の認証制度の開始や、WTOの有機基準に適合した海外の有機農産物の輸入の増加など有機農業の生産の現場が対応しなければならないあらたな課題も出てきました。


 また、環境汚染や食料や資源の問題など、私たち市民が抱える様々な問題を考え解決する上で、有機農業が役に立つのではないかということを強く意識するようになりました。


 次々と出てくる課題に対応するためには、従来型の組織だけでは困難であり、行政への要望・請願から提案・協働を目指す組織が求められる状況になってきました。

 そこで、責任ある活動のため組織の変更をメンバーに呼びかけ、2000年4月17日に特定非営利活動法人として新たに活動を始めました。


 有機JAS制度への積極的な対応のために、2000年11月には農林水産省登録認定機関となり、2006年のJAS法改正や事業更新を経て有機農産物の認定業務を継続して今日に至っています。


  

入会のご案内

当会の活動の趣旨に賛同される方ならどなたでもご入会頂けます。

入会金 1,000円 

年会費 5,000円



 

八ヶ岳有機農業者協会について